製品紹介

現場の課題点・問題点

課題

現在のスタッフの割り当てが作業量(売上)の変動に追随していないケースがあり、余剰人員を抱えていたり、機会損失が発生している可能性がある。

①法令・社内ルールを守り ②スタッフの要望に応え ③限られた要員の中で
生産性の高い勤務表を作成することは、難易度が高く、担当者は作業に多くの時間を要している。

問題点

  • 勤務表作成に時間がかかる
  • 作業量(売上)が多いときに要員が少なく割当たってしまう
  • 担当者によって、勤務表作成の精度に違いがある

JRシステムの
ワークフォース・マネジメント

Point 1
勤務表自動作成の考え方

各時間帯で所定の必要人数を満たす(生産性を向上させる)には
どのような労働形態の人を何人勤務させなければならないかを考えます。

最終的には各シフトの人数だけでなく、誰に割り当てるかも考え、勤務表が完成します。

Point 2
月間勤務表の作成 ~各種制約条件を考慮~

  • 法定労働時間や連続勤務日数など各種制約条件を考慮
  • 希望した有休や研修など、指定された勤務を考慮

Point 3
日次シフト表の作成 ~各種制約条件を考慮~

  • 必要人数に追随した休憩時間の考慮
  • 売上から算出した必要人数と、実際の勤務計画人数の差異のグラフ化

システム構成イメージ

お問い合わせ

鉄道情報システム株式会社
第二営業企画部営業開発課
TEL:03-5371-019403-5371-0194

pagetop